引越し 冷蔵庫 配送 設置

引越し時の冷蔵庫の配送や設置について

引越し時の冷蔵庫の配送や設置についてお勧め一括見積もりはコチラ

 

冷蔵庫は私達が持っている家電の中でもかなり大型の家電になります。
さらに冷蔵庫では引越しにともなう配送、設置において
注意しなければならない点がいくつかあります。

 

ここでは引越し時の冷蔵庫の配送、設置について紹介しましょう。

 

引越し前にやっておくこと

引越しに伴う冷蔵庫の配送、設置は引越しをする前に準備が必要です。
冷蔵庫の配送をする際には、
中身を空っぽにしなければ配送することができません。

 

そのため、電源を切って中身を空っぽにしておく必要があります。

引越し前には冷蔵庫に入るものは購入を控えて、
計画的に食材を使い切るようにしなければなりません。

 

もしも食材や調味料などが余ってしまった場合は、
クーラーボックスなどにそれらを入れて、別に配送することは可能です。
ただ夏場や生ものはいくらクーラーボックスに入れても危険です。

 

特に長距離移動の場合には、引越しにかかる移動距離も長くなるので、
もったいないかもしれません安全面を考慮しても処分することをおすすめします。

 

また前日までに電源を切って、
冷蔵庫の中の水抜き、霜取りをしなければなりません。
運搬時に冷蔵庫内の霜が溶けて、他の荷物が水浸しになってしまうこともあるので、
事前に電源を切り、水を抜いておきましょう。
霜がとけたら雑巾などで拭いておけばよいでしょう。

 

引越し時の冷蔵庫の配送や設置についてお勧め一括見積もりはコチラ

 

冷蔵庫運搬時の注意点とは?

準備が終わりましたら、引越し当日はいよいよ配送になります。
引越し業者にすべてお任せしている場合には
プロの業者スタッフにお任せしておけば問題ありません。
配送する際には冷蔵庫は横に寝かせてしまうと故障の原因にもなりますので、
立てたまま配送するようにしましょう。
また冷蔵庫のドアやトレイはテープで固定しておくことをおすすめします。
また冷蔵庫の下には念のために水漏れ防止用シートを敷いておくとよいでしょう。
さらに廊下や壁、冷蔵庫自体を傷つけないようにするために
古いも毛布などで包んで運べば安心して作業することができます。

冷蔵庫を横に寝かせたまま配送するのがよくない理由は、
車の振動でコンプレッサー内のオイルが冷却システムに流れ込んで
故障の原因になってしまうからです。

設置の際に気を付ける点は?

冷蔵庫の設置で気を付ける点は、電源を入れてから
冷蔵庫が完全に冷えるまでには4〜5時間はかかりますので
しっかり冷えてからものを入れるようにしましょう。

 

そのため引越しに伴う冷蔵庫の配送の際には、
はじめに冷蔵庫を設置して冷蔵庫に電源を入れておくべきです。

 

引越し時の冷蔵庫の配送や設置について お勧め一括見積もりランキング

引越し侍


お勧め その1 まずはここから

 

テレビCMなどでもお馴染みの引越し侍

絶対に外せない一括見積もりサイト

 

簡単に一括見積もりができて全国160社もの

提携企業の中から最安値を探せます。

 

引越し価格ガイド


お勧め その2 ここも抑えよう

 

見積もり比較で最大50%

安くなることもある引越し価格ガイド

 

引越し価格ガイドはキャンペー中の優良企業に出会えれば

驚くほど安い金額で引越しができることも

 

HOME'S 引越し


お勧め その3 ここも忘れずに

 

独自の割引サービスのある

HOME’S 引越し

 

3つのポイントを抑えるだけで最大50%オフになることも

全国130社の中からピッタリの業者がみつかるはず。